スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱カーブ/2005年

そのカーブを曲がりきる前に位置を確かめて 狙いを定めて
飛び散ったカケラを集めて 音に誘われて始まった
ありふれた言葉ではなくて 深いところでつながってほしい
その声が届いた頃にはあなたを迎えにいくよ

数えきれず失くしたものもあるね いつか君は許され 虹を描く

シャララララ 真っすぐではないけど ささやかな幸せもこぼさないで

情熱カーブを曲がりきる前に 歩幅を合わせて 同じ呼吸で
乗り合わせた一漕の船で ひしめきながらも 揺れる

伝え切れず 噛んだ唇ににじむ明日を憧れ フルスピードで

シャララララ 真っすぐではないけど ささやかな幸せもこぼさないで
シャララララ 平坦ではないけど デコボコの幸せも悪かないぜ
シャララララ 今日も明日も歌声は響くから ささやかな幸せもこぼさないで
スポンサーサイト

マーフィーの法則/2005年

またいつもと同じだ 「冗談じゃないぞ」ってつぶやいても
バカの繰り返し 寄せては返す波打ち際のマーフィー
君に恋をした 不思議な力が湧いてきてさ
もう正気じゃないぜ 微笑み合えたら朝焼けだよチェリー        
くだらないウソではぐらかしてみてよ 意味を探してはまた変わらないで
帰り際、口づさんでるその歌がいつかの二人を消せないでいたとしても

君の名を呼んだ 何度も繰り返し ブルーブルー夜更けの街に消えてった
新しい日々をずっと待っていたんだ もう少しで届きそうで届かないリズム  
役立たずのEメール 安心という名のモルヒネだね
愛に溺れそうさ シャツを着替えたら お出かけだよマーフィー
やがて日は昇り 憂欝な問題を吹き飛ばして  
そして日が暮れて あなたと二人手をつなぐのさチャーリー
わかっていても わからないフリで 何気ない一言で傷つけて
遠回り描き続けた夢はまだ夢 その気にさせたら飛べるはずさ もう一度

君の名を呼んだ 何度も繰り返し ブルーブルー夜更けの街に消えてった
新しい日々をずっと待っていたんだ もう少しで届きそうで届かないリズム

人は誰も壊れやすい生き物なんだな だけどいつも心を隠してしまうんだな  君はどんなものにも代わらない大切な人だから

とんだ とんだ… 素直な気持ちが溢れてくる
咲いた 咲いた… やわらかな陽だまりの中で  
とんだ とんだ…    
咲いた 咲いた…

クローバー/2005年

夏が過ぎ空白の日々思ふ 紅に染まる季節だね
もう少し二人ここにいれたら 刹那さも消えてくかな
すれ違い純情の街角では 今日も雨模様
まるで子供がはしゃぐように 水溜まり蹴っ飛ばした

奇跡だね 偶然僕ら二人 引き合わせた ずっとずっと この時を待っていたんだ

「愛してる」って言葉にすると安っぽくなるね だから何も言わず抱きしめた
報われる 救われる 始まる新しい日々 
切れ間から覗く青い空やっと二人で見つけた あの日のまま…

ごまかしのきかない朝がきて 僕を連れてった
今頃君は商店街で 鼻歌まじりだ

行き先もわからないまま 僕は歩き続けてた君に導かれるように よろめきながら

「愛してる」って言葉にすると安っぽくなるね だから何も言わず抱きしめた
報われる 救われる 始まる新しい日々
切れ間から覗く青い空やっと二人で見つけた あの日のまま クローバー

青春ライダー/2005年

カラカラ回る理想論 
ボディーソープで顔を洗うよな矛盾ばかり 過ぎてく日々 
無い物ねだりのアイウォンチュ- 
さんざん掻き混ぜ スクランブル交差点 赤信号 
恋愛ゲームオーバー 
空振り、三振、KOでも立ち上がる不屈のファイター 
疲れ知らずの蝶々 
あなたの為にぎこちない羽広げては飛び回る 

卸したてスニーカー靴ズレでも 予想外のストーリーが待っているはずだから 
青春ライダー いい加減な風を切って走れ あまのじゃくどこまでも
清純泣いたあの娘のせいで拡がる希望 未来は俺のものだ

やぶれかぶれでも行こうよ
勘違いだけ勢いまかせ そんな奴も嫌いではない
デタラメだけどイメージ 
情報社会に流されても未だにそうネジ回す
思い出のスニーカー捨てられずに 徒競走負けても満たされたあの日のように

青春ライダー いい加減な風を切って走れ あまのじゃくどこまでも
清純泣いたあの娘のせいで拡がる希望 未来は俺のものだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。