スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれ/2004年

足踏みしているだけ またいつかと同じ場所で 
周りの景色だけがまた僕を置き去りにしてるようだ
変わりたいと願う自分と変わりたくないという想い
青春と呼ばれた日々が また僕を連れ戻しにくる

涙こぼして今を嘆くよりも笑っていたいんだ 
だから何もないけど描き続けるよ 何度も何度も

季節は僕を咲かせるだろう 鮮やか色で
素直になるの恐れないで素敵な事さ
やがては誰もが還る 空よ忘れないで僕がここにいたこと
やさしくて やさしくて

駅前の自販機でいつものコーヒーを買う
ちょっとだけ後ろ向きになってる自分がなんかヤダなあ

後悔はないと言える最後の日まで しっかりと見据えていたいんだ
ならば何もないけど描き続けよう 何度も何度でも

季節は僕を咲かせるだろう 鮮やか色で
素直になるの恐れないで素敵な事さ
やがては誰もが還る 空よ忘れないで 風よ忘れないで 
母よ忘れないで 父よ忘れないで 友よ忘れないで
僕がここにいたこと やさしくてやさしくて・・・
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。