スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60億センチ/2004年

疲れた体も今は心地よく遠いとこに行きそな深い眠りにつく
それぞれがそれぞれに思いを胸に抱いて 飛び出してしまいそな自分を抑えている
壊すことができればきっと乗り越えられる やさしさや想い出がそれを邪魔する

今、その先にひとひら光が射してきた 僕は何もないこの場所に立っている
悲しみよさよなら 君が流した涙、涙、泣いた夕暮れ街灯り 

明日へと続いてく国道を走らせて すれ違う景色と気の抜けたソーダ水
あの娘の間抜けな顔を思い浮かべ 薄ら笑みこぼしてる自分に気がついた

淋しさにあなたをどうか閉じ込めないで 幸せになれるように夢を見ていて

今、その先にひとひら光が射してきた 僕は何もないこの場所に立っている
悲しみよさよなら 君が流した涙、涙、泣いた夕暮れ街灯り
Pa・Pa・Pa…
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。