スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバー/2005年

夏が過ぎ空白の日々思ふ 紅に染まる季節だね
もう少し二人ここにいれたら 刹那さも消えてくかな
すれ違い純情の街角では 今日も雨模様
まるで子供がはしゃぐように 水溜まり蹴っ飛ばした

奇跡だね 偶然僕ら二人 引き合わせた ずっとずっと この時を待っていたんだ

「愛してる」って言葉にすると安っぽくなるね だから何も言わず抱きしめた
報われる 救われる 始まる新しい日々 
切れ間から覗く青い空やっと二人で見つけた あの日のまま…

ごまかしのきかない朝がきて 僕を連れてった
今頃君は商店街で 鼻歌まじりだ

行き先もわからないまま 僕は歩き続けてた君に導かれるように よろめきながら

「愛してる」って言葉にすると安っぽくなるね だから何も言わず抱きしめた
報われる 救われる 始まる新しい日々
切れ間から覗く青い空やっと二人で見つけた あの日のまま クローバー
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。